「週刊てーて」ひらく農園から+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017 今年の総括 その3

<<   作成日時 : 2017/12/23 20:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 次女の札幌での個展は終了した。良い経験になったことは間違いないだろう。兎にも角にも、次女の高校時代の絵の大部分は、北海道にしばらく滞在することになる。やれやれ、と思っているところに、次女から電話が来た。「コンクールで特選もらったよー」と。「よかったなー」と大学でのことを思い浮かべながら返すと、「よかったよー」と次女。

 京都の福知山市と福知山市佐藤太清記念美術館というところの主催で、毎年高校生大学生向けのコンクールが開催されているらしく、今年は十七回目だそうだ。佐藤太清という著名な日本画家の功績を受け継いで福知山市が行っている、21世紀の芸術文化を担う人材の育成を目的としたコンクールのようである。その中の絵画の部、特選 横浜賞というものを次女は受賞した。その絵の写真をiPhoneで送ってもらった。第一印象、うまくなったな、と咄嗟に思った。

 技術は間違いなく伸びている。例によって、自画像である。次女の絵の殆どは自画像で、その自画像に現在の思いを込めるのが次女流だ。自分の髪の毛を丸めて人参を刺し、上に紙コップが乗っている。本当に次女のやりたいことは、あくまで次女流であるから笑ってしまうが、これが賞を受けるのだから侮ってはいけないものがあるのだろう。しかし、まだ顔の輪郭等の構成比率が微妙に甘い。次女のFacebookによれば、絵の題名は「冬を焦がれて三百里」とある。春に描いた絵のようで、「地元静岡からはるばる北まで三百里。しかし雪だるまを作りたくとも季節はまだ春。それまでは髪の毛で我慢しよう」と書かれている。そうか、春の絵なのか、それからまた技術は上がっているだろうな、とも思うし、いろいろ考えることも増えただろうな、と予想する。賞は、本人の励みになるだろうし、ましてや芸術分野の得体のしれなさには一つの指針だ。

 子供が成長している様を眺めるのはよい。が、きっと、親にとって子供はずっと子供なのかもしれない。何一つ成就していない子供たち一人一人であるけれど、ひとつひとつの成長あるいは結果を、ひとつひとつ満足していくことが親にとっても子にとってもすべてなのかなとも思う。心配は永遠に尽きないのだから。中学2年の四女が、高校に進学しないで大工になる方向性を決めたのも今年だ。その先はまだ何も決まっていないが、その方向性が今のところ揺らいでいないところが強く大きな経過である。どのような形になっていくのかは未知数であるけれど、子供が意志を示したことに関して敬意を持って寄り添っていこうと思う。

 片道一時間の自転車通勤を続けている三女。月に二回か三回は東京大阪に遊びに鈍行電車で出掛ける生活を、一年以上続けている。ケーキ作りの仕事は、会社でも少しは様になってきているようで、会社という形や世の中のケーキ流通の実態等を含めて、様々な経験をさせてもらっている、と言っていいだろう。相変わらずに、会社での出来事でも出掛けた先の出来事でも、なんでも親によく話す。こちらもまた、見守ることに専念した一年である。

 誰もが大人になっていく。大人への過程を楽しむには、あまりにこちら親側の余裕がなさすぎる。ただ、僕も子供たちと同じ年頃を過ごしてきたことは確かだから、どうしたらポジティブに進むことができるかは、失敗者としてよくわかるのである。

2017年12月14日 寺田潤史

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

te-teのおすすめ生活品

 農場で使用するマスクです。トラクターの排気ガスから自分を守るために使っていますがPM2.5対策としても有効です。0.3μmの大きさまで吸着できる優れたフィルターがついています。



 大好きなブルーススプリングスティーンのベスト盤です。個別のアルバムで聴くのですが、あまり聴いたことのない方には、こちらのベスト盤をお奨めします。彼の書くような歌詞が、日本でも多く歌われる聴かれるといいなと思います。



譜面台 洗練されたデザイン M-300B/BK

新品価格
¥2,469から
(2011/2/10 17:57時点)

 楽譜立てですね。簡易の折りたたみのものは持っているんですが、しっかりとしたつくりのものが欲しくて買いました。自分の曲の場合には譜面は必要ないのですが、カバー曲を演奏する時には、譜面を見ます。50歳を過ぎると、目もあまりよく見えなくなってくるので、A3拡大プリントした譜面を使うのです。クリアファイルも大きいですからね、A3では。この譜面台なら、何も問題ありません。安い割にはよくできています。


クリアブック/ベーシックカラー A3・S型・20P ブラック CB1012DN

新品価格
¥1,023から
(2011/2/10 18:05時点)

 A3のクリアファイルですね。上記の譜面台とセットで使っています。


SHARP 見楽る(ミラクル) カラー液晶ファクシミリ複合機 子機1台タイプ UX-MF70CL

新品価格
¥37,490から
(2011/1/8 11:51時点)

 多機能FAX電話です。上記のものは親機プラス子機1台のものですが、うちで使っているものは子機2台のタイプです。FAXを紙出力せずに、メールで転送してくれるほとんど唯一の機種です。母屋から納屋まで電話線を引かなくても、母屋で受け取ったFAXを自動でメール添付(PDF)してくれる優れものです。この機種を使うまでは、FAXの有無をいちいち母屋に確認しに行かなければなりませんでした。紙印刷するかどうかは、確認してから決めます。プリンターとしては使っておりませんし、お薦めしません。


Kalita セラミックミル C-90 (アイボリー)

DeLonghi コーン式 コーヒーグラインダー KG364J

新品価格
¥10,500から
(2011/1/5 14:17時点)

 コーヒー豆を毎日挽いています。うちで使っているのは、もう30年近く前の製品になるのでしょうか?僕たちだけで17年も使っているドイツ.BRAUN社製コーヒーグラインダー「KMM20」です。もう、今は検索しても終了したオークションくらいしかヒットしません。これは大変耐久性があって、故障知らずで毎日使っています。今買うとしたら、この2製品のうちのどちらかかな?あまり大きなものでも困りますし、毎日飲むコーヒーですからね。


 長女と連れ合いのクリスマスプレゼントに注文しました。この頃は、ラジオを聴く人が減って、ラジオ単体の販売も少なくなったようですね。この機種は、価格COMなどのレビューでも高感度受信ランク1位で、SONYの国産品だそうです。連れ合いは、畑の収穫の時には必ずラジオ持参で行きます。長女は、最近文化放送を聞きたい、ということで感度のよいラジオが必要になったというわけです。


 年賀状シーズン、うちにプリンターは3台ありますが、用途によって使い分けと、故障時のバックアップも兼ねています。でも、通常の、写真印刷や、年賀状印刷、WEBページの印刷であれば、このくらいのプリンターであれば十分な時代ですね。有線・無線LAN標準搭載 前面給紙カセット、と機能は進化しています。


圧力鍋 片手 アルミ製 ヘイワ PC-60A

 平和の圧力鍋、型番は違いますが、もう25年も使っています。

Vita Craft ウルトラフライパン 22cm 9309

 こちらは9層の新しいタイプのものですが、うちでは7層の22cmと27cmを使っています。27cmのフライパンは、薪ストーブの上でパンを焼くのに重宝しています。

サンヨー 7.0kg 全自動洗濯機 ASW-700SB-W

 家族が多いと、洗濯の回数も増えますね。サンヨーの定番洗濯機です。うちのはひとつ前の型で700SAですが、今のはより静音設計になっているようです。
2017 今年の総括 その3 「週刊てーて」ひらく農園から+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる