「週刊てーて」ひらく農園から+α

アクセスカウンタ

zoom RSS オクラとともに 2018

<<   作成日時 : 2018/08/23 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今週の台風は、東から来て、結果的にまた東へそれてくれた。上陸しないでくれたことは嬉しいが、こちらには雨をもたらしてくれなかった。雨のない地方は、極端な少雨である。豪雨と少雨、ここのところの気候の典型的な事象である。僕たち農家は、台風を畏れ、台風の被害を受け、少雨と高温を受け止めるのが精一杯である。それでも、朝の収穫時、涼しげな風をたまに受けると、幸せな気分になる。7月には、涼しげな風すらめったに吹かなかった。

 朝の涼しげな風は、自分のことだけを考えることから開放してくれる。たとえば、オクラの樹が今後どのように成長していくか、その手助けを考える余裕をもたらす。今、オクラは、収穫量が停滞気味だ。背丈ほどのオクラの樹の下の方から、側枝の新芽が次々と伸び始めている。つまり、ここへ来て、生殖成長を若干鈍らせ、栄養成長へと逆戻りの状態を示しているのだ。

 オクラの樹は、5月はじめに種を播いて、7月最初までひたすらに栄養成長としてその樹を充実させてきた。7月初旬になって、はじめて花を咲かせ、いっきに生殖成長へと転換する。そうしてオクラを収穫できるようになるのだが、生殖成長を優先させながら、オクラの樹を上に成長させ、新しい葉を成長させる栄養成長と平行していくのである。それがここへ来て、上に成長することに加えて、下から新芽を出させることで栄養成長が少しだけ優位になってきた。これは、温度とか時期的なことが関係しているのか、オクラに聞いてみなければわからないことだ。

 僕の長年の友人である、有機農業仲間のH君は、「オクラに側枝は出ないよ」と言う。これは、品種の関係なのか気候風土の関係なのか僕にはわからないが、うちではずっと毎年オクラに側枝が発生して、8月下旬ごろからは、上からと下からの収穫になるのだ。数年前までは、9月頃に上を切って止めて、下からの収穫だけにしていた。この頃は、上を止めないほうが良いと感じて、上からも下からも収穫している。

 こんなことを書いたって、オクラを収穫したことがない人にはさっぱりわからない話であろう。オクラは、一本の樹が、ひたすら上に伸びて、葉を出して、その葉の根元から花芽を出して花を咲かせ、そのままその花が実になる。葉っぱ一枚に対して花は一つである。農薬を使わない栽培であるので、当然虫がつく。葉っぱに卵を産み付けて幼虫になる蛾の類が多い。それら虫の卵は葉を丸めて産んであるので、収穫時にその葉を切り落としていくのである。あまりに葉を落としすぎては、光合成の能力が落ちて樹を弱らせるために、樹勢を見ながら葉を落としていく。大雑把に見れば、オクラの実を収穫する上の方にだけ葉が茂り、オクラの樹の下段は葉がない状態になる。そして、その葉のない下段から新芽を出して側枝を形勢し出すのが今の状態なのだ。

 わかりにくいことを書いてみたが、7月から10月いっぱいまでは、毎年毎日一時間半ほどをオクラとともに過ごすので、専門的ではあるかもしれないが、僕にとっては重要なことである。毎年のことなのに、去年のことはあまり覚えていない。その年のオクラの流れだけを受け止めている、そんな感じなのだ。こうして文字にしてみると、オクラの収穫時に考えていることは多岐に渡り、とても簡単には書ききれないことに気付かされるのだ。

2018年8月9日 寺田潤史

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

te-teのおすすめ生活品

 農場で使用するマスクです。トラクターの排気ガスから自分を守るために使っていますがPM2.5対策としても有効です。0.3μmの大きさまで吸着できる優れたフィルターがついています。



 大好きなブルーススプリングスティーンのベスト盤です。個別のアルバムで聴くのですが、あまり聴いたことのない方には、こちらのベスト盤をお奨めします。彼の書くような歌詞が、日本でも多く歌われる聴かれるといいなと思います。



譜面台 洗練されたデザイン M-300B/BK

新品価格
¥2,469から
(2011/2/10 17:57時点)

 楽譜立てですね。簡易の折りたたみのものは持っているんですが、しっかりとしたつくりのものが欲しくて買いました。自分の曲の場合には譜面は必要ないのですが、カバー曲を演奏する時には、譜面を見ます。50歳を過ぎると、目もあまりよく見えなくなってくるので、A3拡大プリントした譜面を使うのです。クリアファイルも大きいですからね、A3では。この譜面台なら、何も問題ありません。安い割にはよくできています。


クリアブック/ベーシックカラー A3・S型・20P ブラック CB1012DN

新品価格
¥1,023から
(2011/2/10 18:05時点)

 A3のクリアファイルですね。上記の譜面台とセットで使っています。


SHARP 見楽る(ミラクル) カラー液晶ファクシミリ複合機 子機1台タイプ UX-MF70CL

新品価格
¥37,490から
(2011/1/8 11:51時点)

 多機能FAX電話です。上記のものは親機プラス子機1台のものですが、うちで使っているものは子機2台のタイプです。FAXを紙出力せずに、メールで転送してくれるほとんど唯一の機種です。母屋から納屋まで電話線を引かなくても、母屋で受け取ったFAXを自動でメール添付(PDF)してくれる優れものです。この機種を使うまでは、FAXの有無をいちいち母屋に確認しに行かなければなりませんでした。紙印刷するかどうかは、確認してから決めます。プリンターとしては使っておりませんし、お薦めしません。


Kalita セラミックミル C-90 (アイボリー)

DeLonghi コーン式 コーヒーグラインダー KG364J

新品価格
¥10,500から
(2011/1/5 14:17時点)

 コーヒー豆を毎日挽いています。うちで使っているのは、もう30年近く前の製品になるのでしょうか?僕たちだけで17年も使っているドイツ.BRAUN社製コーヒーグラインダー「KMM20」です。もう、今は検索しても終了したオークションくらいしかヒットしません。これは大変耐久性があって、故障知らずで毎日使っています。今買うとしたら、この2製品のうちのどちらかかな?あまり大きなものでも困りますし、毎日飲むコーヒーですからね。


 長女と連れ合いのクリスマスプレゼントに注文しました。この頃は、ラジオを聴く人が減って、ラジオ単体の販売も少なくなったようですね。この機種は、価格COMなどのレビューでも高感度受信ランク1位で、SONYの国産品だそうです。連れ合いは、畑の収穫の時には必ずラジオ持参で行きます。長女は、最近文化放送を聞きたい、ということで感度のよいラジオが必要になったというわけです。


 年賀状シーズン、うちにプリンターは3台ありますが、用途によって使い分けと、故障時のバックアップも兼ねています。でも、通常の、写真印刷や、年賀状印刷、WEBページの印刷であれば、このくらいのプリンターであれば十分な時代ですね。有線・無線LAN標準搭載 前面給紙カセット、と機能は進化しています。


圧力鍋 片手 アルミ製 ヘイワ PC-60A

 平和の圧力鍋、型番は違いますが、もう25年も使っています。

Vita Craft ウルトラフライパン 22cm 9309

 こちらは9層の新しいタイプのものですが、うちでは7層の22cmと27cmを使っています。27cmのフライパンは、薪ストーブの上でパンを焼くのに重宝しています。

サンヨー 7.0kg 全自動洗濯機 ASW-700SB-W

 家族が多いと、洗濯の回数も増えますね。サンヨーの定番洗濯機です。うちのはひとつ前の型で700SAですが、今のはより静音設計になっているようです。
オクラとともに 2018 「週刊てーて」ひらく農園から+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる